スマイリーの道産子的ココロ

メタボリックパパが書き綴る自己中心的オススメ北海道グルメの数々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激的老舗カレー☆元祖小いけ

元祖小いけ店舗函館市宝来町にあるインドカレーの店元祖小いけにやって来たのであ~る。

市電宝来町の停留所から歩いて3分くらいのところにある元祖小いけは、電車通りに面して店を構えて目立っている小いけ本店の脇の小路を入ったところにひっそりと佇んでいるのだ。

小いけは函館カレーの老舗なわけだが、お家の事情で現在は元祖と本店のふたつのお店に別れており、聞くところによると先代の味を引き継いだお弟子さんが営業しているのが元祖小いけで、先代の息子さんが営業しているのが小いけ本店ということらしい。


元祖小いけカツカレー1 元祖小いけカツカレー2
こちらはカツカレー

元祖小いけにやって来るお客さんを見ていると、カツカレーか大カレーを注文する方が圧倒的に多い。

この日の店内は6割ほどの客の入りであったが、注文してからそんなに待たずにカツカレーが運ばれて来る。

お店の看板と似たような黄色っぽさの強いカレールーは、豚肉と玉ねぎだけが目立つシンプルなもので、ひと口食べてみると結構な辛さがジ~ンとこみ上げてくるのだ。

辛いもの好きの方ならそれほど気にならない辛さだと思うが、甘味好きの身なら思わず水に手が伸びてしまう辛さだぞ。

しかしその絶妙な辛さと味わいがクセになって、もうひと口もうひと口と食べ進んでしまうところが元祖小いけのカレーの魅力といえるだろう。

ちなみにカツカレーのカツは他のお店のカツよりもやや薄めのカツであるが、インパクトのあるカレールーと一緒に味わうのなら、これくらい控えめなカツの方が相性が良いかもしれないな。


創業から半世紀を越える函館カレーの老舗元祖小いけ、徒歩15秒のところにある小いけ本店と味比べをしてみるのも面白いかもしれないぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

川のほとりのくつろぎカフェ☆夏井珈琲ブリュッケ

夏井珈琲看板 夏井珈琲店舗
函館の五稜郭町にあるカフェ夏井珈琲ブリュッケにやって来たのであ~る。

五稜郭公園の近くで亀田川のほとりというロケーション、外付けの階段を上がってドアを開くとアンティークなインテリアとやわらかな陽射しが迎えてくれるのだ。

夏井珈琲というくらいなのでそもそもがコーヒーの専門店、本格派の美味しいコーヒーが味わえるわけだが、食事やデザートも揃っているのでいろいろな使い方ができるぞ。


夏井珈琲ホワイトキャニオンセット 夏井珈琲ホワイトキャニオン
こちらはホワイトキャニオンセット

人気のケーキホワイトキャニオンと美味しいブレンドコーヒーがセットになったメニューだ。

ホワイトキャニオンはスポンジ生地の上にミルフィーユがのっかり、さらにソフトクリームをトッピングしたケーキで、品の良い甘さが堪能できる一品だぞ。

いい香りが鼻をくすぐるすっきりとした飲み口のコーヒーとは相性良好で、くつろぎのひとときが一層豊かに感じられるのだ。


本格派珈琲店が営む川のほとりのカフェ夏井珈琲ブリュッケ、奥様たちが時間を忘れて長居をするのも納得なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

活イカといえばこのお店☆開陽亭

開陽亭店舗 開陽亭ビール
函館の五稜郭にある開陽亭にやって来たのであ~る。

交通量の激しい幹線道路から一本仲に入った静かな裏通りに面した開陽亭は、函館ではじめてイカ専用の水槽を導入した居酒屋として知られている。

現在では函館の多くの居酒屋で見られる活イカの踊り造りを考案したのもここ開陽亭ということになっており、本場の活イカを味わおうというお客様で連日混み合っているのだ。

一分でも早く活イカにご対面したいところだが、冷えたビールを飲みながらちょっとの間我慢のひととき、この日のお通しのムール貝・ホタテ・小エビの酢の物もなかなか美味しい。


開陽亭活イカのおどりづくり1 開陽亭活イカのおどりづくり2
さて、玄関の横にある円形の水槽から板前さんがイカを鷲掴みにして取り出し、キュッキュッと声を出している活きのいいイカを一気に目の前でさばいていく。

で、登場したのが活イカのおどりづくり(1,180円/時価)。

クネクネと元気良く動いているゲソの部分を眺めながら透明なイカ刺しを生姜醤油でいただくと、コリコリとした口当たりとイカの甘味がたまらない美味しさになっている。

ゲソの部分は塩焼きにしてもらったが、塩焼き以外にも刺身・唐揚げ・湯通しとお好きなように調理をしてくれるのだ。


開陽亭毛がにむき身1 開陽亭毛がにむき身2
こちらは毛がにのむき身(1,680円/時価)。

毛がに一杯分の身をまるごとむき身にして甲羅に詰め込んだ一品で、カニは食べたいが自分で殻からむくのは嫌だという面倒くさがり屋の方にはもってこいのメニューだ。

表面から甲羅の中まで毛がにの身がびっしりで、最深部にはかに味噌もばっちり入っており、かに好きにはこたえられない美味しさだぞ。


開陽亭うにぎり1 開陽亭うにぎり2
こちらは〆にはもってこいのうにぎり

うに+おにぎり=うにぎりというわけだが、まずもってボリューム満点でコンビニおにぎりの優に二倍はあろうかという体積だ。

表面には生ウニがのっかっており、おにぎりを割ると中には塩水ウニがたっぷり入っている。

表面の生ウニでウニそのもののの風味を味わうことができ、中身の塩水ウニは塩分が白いご飯とマッチして飲んだ後でもパクパクと食べられるぞ


イカの街函館の中でも活イカの発祥の店といえばここ開陽亭、お酒が進む海の幸が目白押しで注文に迷ってしまうくらい楽しいのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

気ままなパン屋☆窯蔵

窯蔵店舗函館の谷地頭にある気ままなパン屋窯蔵にやって来たのであ~る。

営業時間が気ままなのか、毎日焼き上がるパンの種類が気ままなのかは不明だが、市電谷地頭停留所の目の前にあって気ままなパン屋を名乗る窯蔵は地元の皆さんの間で人気上昇中の注目パン屋さんだぞ。

ベーカリーという呼び方が似合うようなおしゃれ店舗とは対照的な、昭和の雑貨屋さんを思い出させる店舗であるが、一度食べたらやみつきになる味らしく毎日のように通う常連さんも多くいるらしい。


窯蔵クリームパン 窯蔵牛乳パンいちごみるく 窯蔵バターパンきなこクリーム
クリームパン(写真左)はきれいなグローブの形をしており、ふんわりした生地の中にカスタードクリームがたっぷり。

牛乳パンいちごみるく(写真中)はしっとりとしたパン生地の間に、まさに素朴な甘さのいちごみるくがサンドされている。

バターパンきなこクリーム(写真右)はカステラのような味わいの生地の間にきなこの風味たっぷりのクリームがサンドされているぞ。

普通のパンよりもミニサイズに作られている窯蔵のパンは、手の中に収まるような大きさで価格も100円前後とお買い得な値段となっている。

ということは色々な種類のパンが味わえるし、子供たちも気軽に買いに来られるということで、非常に敷居が低いパン屋さんだと言えるだろう。

味の特徴は普通に美味しいという表現がぴったりの味わいで、特別な高級感は感じられないが毎日食べても飽きない味なのだ。


地元の皆さんに愛される気ままなパン屋窯蔵、大人気のカレーパンは予約をしないと買えないぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー


業務多忙のためコメントへのご返答が遅くなるかもしれません。

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

伝統の濃口いなり寿司☆弁慶力餅

弁慶力餅店舗函館の松風町にある弁慶力餅にやって来たのであ~る。

JR函館駅から電車通りを真っ直ぐテクテク、棒二森屋を通り過ぎて2~3分も歩けば大きな岩と弁慶さんの絵が目立つお店に到着だ。

明治40年創業というから100年を越える歴史を持つ弁慶力餅は、まさに函館の街とともに歩んできたお餅屋さんということだな。


弁慶力餅いなり寿司1 弁慶力餅いなり寿司2
さて、お餅屋さんである弁慶力餅で有名なのがいなり寿司

戦後間もなく販売をはじめたいなり寿司は、ガス釜で炊いたコシヒカリを濃いめの味付けの揚げで包んだ一品で、地元では弁慶さんのいなり寿司として親しまれている。

地元のお豆腐屋さんにオーダーしているという厚めの揚げは、濃厚ダレに二度くぐらせていることから明らかに普通の揚げよりも黒っぽい。

そんなタレの味がしみ込んだ揚げの中に合わせ酢でツヤツヤに光るコシヒカリが入っているのだから、これは誰が見ても美味しいに決まっているのだ。


1世紀を越える歴史を持つお店で半世紀以上愛されるいなり寿司が美味しい弁慶力餅、大福などの和菓子だけでなく伝統のいなり寿司を味わってみるのもいいかもな!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

自己紹介

Author:スマイリーパパ
北海道札幌市在住
酒好き、甘味好きの40代!
北海道が一番だべや!

********************** ↓今日の順位は何位かな? 人気ブログランキングバナー大

いらっしゃいませ!

Flashカレンダー

最近の記事

ブログ内検索

コメントありがとう!

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック大歓迎!

月別アーカイブ

RSSフィード

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。