スマイリーの道産子的ココロ

メタボリックパパが書き綴る自己中心的オススメ北海道グルメの数々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平岸高台公園

今日の札幌は雲ひとつないいい天気であ~る。

スマイリーは札幌高校テニス界のシャラポワを目指す娘の試合送迎のため早起きを余儀なくされ、ヒマを持て余して朝のウォーキングに出かけてきたのだ。

今日はいつものお散歩コースから脇道にそれて平岸高台公園に寄って来たぞ。

平岸高台公園言うまでもなくあまりに有名になったこの公園、名前を知らない人でも写真を見ると「どこかで見たような、、、」、そう水曜どうでしょうの前枠と後枠の撮影が行われている公園だ。

芝生が斜面になっているということ以外、なんてことのないこの公園が聖地になっちゃうんだから水曜どうでしょうも凄いもんだ。

ちなみに、この撮影角度から右にカメラを90度振るとHTBがド~ンとあるのだ。

ちなみにTEAM-NACS発祥の北海学園大学校舎もスマイリーのお散歩コースに入っているぞ。


さて、「こんなポカポカ陽気の日にはベランダでベーグルなんていいんでないかい」ということで、BAGEL&BAGEL大丸札幌店限定紅鮭ロックスサンドなのであ~る。

いかにも北海道らしいネーミングのベーグルサンドだな。

紅鮭ロックスサンドベーグルの間にクリームチーズとサーモンがサンドされているのだが、濃厚なクリームチーズとサーモンの塩味がマッチして、おしゃれな洋風シャケ弁を味わっている気分になれるぞ(なんだそりゃ)。

ベーグルをトーストしてくれるのもおいしさアップでうれしいね。

ただこのBAGEL&BAGEL大丸札幌店だが、問題は平日のランチタイムにはOL様たちでいっぱいで、男性陣の姿は非常に少ないことだ。

男はベーグル食べちゃいけないのか?と思ってしまうぞ。

参考までに、紅鮭ロックスサンドに合わせるベーグルは、ヴォルケーノと豆乳&枝豆が人気二枚看板だと聞いている。

スマイリーは身体のことを考えると豆乳&枝豆をセレクトすべきだろうが、やはりここは男らしくだね火山の迫力を表現したというナチュラルチーズトッピングのヴォルケーノに決めたのだ。

それにしても、シナモンレーズンとかココア&ホワイトチョコなど可愛らしい品揃えの中に、なぜひとつ間違えれば「わしはヴォルケーノじゃけんのう」などとVシネマになりそうな名前の迫力ベーグルがあるのかは定かでないのであ~る。


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒
スポンサーサイト

テーマ:北海道の様々な風景 - ジャンル:地域情報

小樽へGo!~続き~

さて、小樽に来たら寄っておきたい店があるのだ。

ツルヤ餅菓子舗ツルヤ餅菓子舗であ~る。

聞いた話によると、大正時代から平成の今まで、ず~っと同じ場所、同じ店舗で営業しているそうだ。

たしかに歴史を感じる店構えだな。

しかし、玄関の引き戸はおそろしく滑りが良いので、見かけに騙されて思いっきり開けるととんでもないことになるので要注意だ。


豆草大福さて、ツルヤ餅菓子舗といえば、豆大福草大福だ。

店に入るとすぐ目の前に置かれている。

どちらも126円だが、この味とボリュームを経験したなら、かなりのお値打ち品だと理解できるだろう。

豆大福は大粒の豆がこれでもかとちりばめられ、やわらかな皮とやさしい甘さのあんに見事に調和している。

また、草大福は、その名のとおり草の香りもさわやかな一品だ。

もちろん、一個で十分満足できるボリュームも魅力なのであ~る。


さて、「和を味わったら、お土産には洋を買おう」ということで、ルタオ・ル・ショコラに向かうことにした。

ここは、洋菓子のルタオのチョコレート専門店だぞ。

ロイヤルモンテーニュ本日のお買い上げはロイヤルモンターニュだ。

紅茶味のチョコレートで小さなピラミッド型をしているんだが、開店以来の主力商品だ。

紅茶の風味が色濃く表現されているので苦手な人もいると聞いているが、スマイリー家では家族全員大好きな味だ。

ルタオ・ル・ショコラのもうひとつの売れ筋商品はル・シャンパーニュといってシャンパンがひとしずく練りこまれたチョコレートだが、これもシャンパンの風味が程よく効いていてなかなかうまいぞ。

ロイヤルモンターニュが630円、ル・シャンパーニュが1,050円だから、ちょっとお洒落なお土産としては気軽に買える値段なのがうれしいぜ

ファミリー向けにはロイヤルモンターニュ、大人の集まりにはル・シャンパーニュ。
たまには気取って買っていくべし!

ロイヤルモンターニュが気になる方はこちら


祝!北海道日本ハムファイターズ3連勝(v^ー°)
祝!コンサドーレ札幌3連勝(v^ー°)


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:北海道の美味しいお店 - ジャンル:地域情報

小樽へGo!

さて、帯広から帰って来たと思ったら今度は小樽へGoだ。

小樽へ着いてひと仕事終えたらさっそく腹ごしらえ、ジューシー若鶏で有名なニューなるとへまっしぐらなのであ~る。

ニューなると観光客で賑わう小樽運河から離れているので人通りは少ないが、店に入るといつも満員の人気店だ。

観光客はもちろん、地元の皆さんもたくさん来ているぞ。

つまりそれだけ美味いってことなのだ。

ここの若鶏から揚げは、その日に仕入れた伊達地鶏がド~ンと出てくる豪華版だ。

寿司セット見てみんしゃい、この大胆な若鶏から揚げを!

この日は若鶏・寿司セットを注文したが、通常価格1,800円がランチタイム価格で1,300円、なんと太っ腹なニューなるとであろうか。

揚げたて熱々の若鶏を一口食べると、カリッとした歯応えのあとにじゅわ~っと肉汁が染み出てきて、塩コショウスパイスとともにお口の中でブレンドされて、あぁもうたまらん!の一品なのであ~る。

あっ、若鶏の迫力に忘れていたが、ニューなるとは寿司処だからお寿司も当たり前にうまいぞ。

名物の若鶏から揚げを小樽の寿司と一緒に味わえてこの値段、未体験の方はぜひ一度体験してみるべし!

ニューなると公式HP

さて、熱々を食べたら冷たいものが欲しくなったので、小樽ミルクプラントへも寄ってきたぞ。

ミルクプラントここはずいぶん昔からあるなあ。

そういえば、いつの間に小樽ミルクプラントなんて洒落た名前になっていたんだろう?

洋館風の建物はず~っと変わっていないと思うんだけどね。

スマイリーは定番のバニラのレギュラーを注文したが、素朴な甘さが子供の頃の懐かしさを思い出させるソフトクリームなのであ~る。

若鶏でほてった身体と心を冷ますには、ちょうどよい冷たさと甘さだぜ。


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:北海道の美味しいお店 - ジャンル:地域情報

本日は帯広なり(その4)

帯広シリーズもとりあえず今日でおしまいなのであ~る。

トリを飾るのはそれこそ鶏の伊藤(とりのいとう)なのだ!

鶏の伊藤見てのとおりレトロなお店だぞ。

店内に入っても、黒光りしたテーブルが傾斜していて湯呑みを置くにも注意が必要など、油断できないレトロ調だ。

店に向かう道すがら「駅からこんなに遠かったかなあ?」などと考えていたのだが、やはり4年前に引っ越してきたとのことである。


鶏めし定食さて、鶏めし定食(700円)だ。

ご飯の上に鶏そぼろがふりかけられ、その上に鶏スライスが乗っかっている。

う~ん、そうそうこの味ですよ(⌒~⌒)

素朴だがクセになるこの味!

おまけにザンギ(鶏の唐揚げでっせ)までついているじゃあ~りませんか。

幸せだね~、一気に胃袋に収めてしまいました。

鶏の伊藤が市民に大人気なのは、個室が大小たくさんあるので家族連れ、友達同士などで隠れ家的雰囲気を楽しめるというところだ。

もちろん、鶏メニューは驚くほど豊富で、安くて美味いのは言うまでもない。

よっぽどの鶏アレルギー以外は立ち寄る価値MAXと思うべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

本日は帯広なり(その3)

今夜は帯広の夜についてのお話しであ~る。

帯広には居酒屋系からお食事系までたくさんのお店があることは言うまでもない。

今年で6年目を迎える北の屋台に顔を出すのも良かろう。

しか~し、スマイリーはいなり小路にあるおでん屋さんに行ったのだ。

おでん大学その名もおでん大学

店構えはやや不安な印象を与えてくれるが、味・値段とも十分満足させてくれる店だぞ。

現在のマスターがもう30年以上やっているというから、その歴史と伝統たるや推して知るべしだ。

スマイリーが前に来たのは何年前になるかなあ、、、。

さて、今回はこの3皿でまとめてみたのだ。

おでん1 おでん2 おでん3

見ればわかるが、餅巾着、わらび、玉子、大根、ごぼう巻き、じゃがいも、肉団子、たけのこ、野菜巾着の9品であ~る。

冬の名物である「たち」が終わっていたのが残念だったが、十分満足のいくラインナップだ。

これらを次々とたいらげて、最後に皿に残ったつゆをジュルジュルと飲み干すのだ。


うま~いヾ(@^▽^@)ノ

これに生ビールを2杯飲んでお勘定はたったの2,300円だ!

生が一杯550円だから、おでんだけならナント1,200円だよ!


最後にせつない話をひとつ、、、
「マスター、焼き鳥は今でもやってるの?」
「ううん、3年前に女房が亡くなってやめたんだ。」
「、、、、、。」

裏メニュー的存在だったおいしい焼き鳥は、やさしい奥様の笑顔とともに遠いところに行ってしまったようだ。

心も身体もじんわ~りあったまるおでん大学
ふらっと寄ってみるのもいいんでないかい。


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

本日は帯広なり(その2)

豚丼(いや、ぶた玉丼か、、、)の新規開拓には失敗したので、デザートは昔から慣れ親しんだ絶対外さない店にしたのであ~る。

まずは、帯広のお菓子屋さんの代名詞でもある六花亭だ!
(柳月さんすいませんm(__)m)

サクサクパイいまや札幌をはじめ全道各地に店舗がある六花亭だが、サクサクパイとサクサクタルトは帯広に行かないと味わえないぞ。

葉巻みたいなのがパイで、小舟みたいなのがタルトだ。

名前のとおりホントにサクサクだぜ。

このサクサク感は3時間しか持たないというから、おみやげで買ってきてもらっても、3時間以上かかるところで待っている人は、食べるときにはもうサクサクしていないので気をつけろ。

それにしても六花亭のお菓子は安いよな~。

このパイとタルトを一個ずつ買って250円だよ!

このサクサクコンビを買いに行く方はこちらをチェック!


さて、帯広でもう一軒忘れちゃいけないのが高橋まんじゅう屋だ。

高橋まんじゅうここも、うまい安いを両立している素晴らしい店だぞ。

地元では「たかまん」と呼ばれているのだ。

大判焼き(あん)とソフトクリームが特にオススメ!


大判焼き大判焼きは外側がカリッとしていて内側はふんわり、そして当然あんこもおいしい

ソフトクリームは爽やかでありながらコクのある甘さが口に広がる一品だ。

ちょっと誉め過ぎかもしれないが、だって大判焼きは90円ソフトクリームは150円だぜ!

いまどきこの値段でこんなに美味いものが食べられるなんて、本当に帯広人は幸せなのであ~る。

ということで、
帯広へ行ったなら、六花亭本店か高まんのどっちかには必ず寄るべし!  っていうかどっちも行け!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

本日は帯広なり(その1)

スマイリーは月曜から十勝平野に来ております。

十勝平野 清水


松山千春の歌声でも聞こえてきそうな風景じゃのう、、、
ということで今週は帯広WEEKなのであ~る。

帯広に到着して腹ごしらえといえば豚丼ということになるのだが、定番のぱんちょうは月曜日が定休日なのだ。

ということで、近場で行ったことがない弁慶総本店に足を向けてみた。


弁慶基本的に夜は普通の居酒屋になる店だ。

豚丼を食べようと思っていたが、ぶた玉丼とのぼりが出ていたので今回はオススメに応じてぶた玉丼にしてみたぞ。


ぶた玉丼肉の質・量はまずまずだな。

味付けは結構濃いね。

そこで温泉卵を崩して甘味を出すわけだ。

う~ん、まあ味は普通、、、って冷めてない、これ

出来たてなのに、なんでアツアツじゃないの~。

これで1,250円は高過ぎないか、おい!

1,000円くらいがいいとこだろうよ、他と比べても、、、。

ただ、そんな気持ちはほんの少しも顔には出さずに、「ごちそうさま!」と元気よくお勘定をしてきたぞ。

なぜなら、それが食事を頂いたものの最低限の礼儀だからだ。

ということで、個人の好みにもよるだろうが、帯広の豚丼のなかではさすがにぱんちょうが№1だとスマイリーは思っている。

なぜかというと、万人に受ける味付け、豪快な盛り付け、いつも熱々で運ばれてくる、それに値段がリーズナブル、だからなのだ。

今回はその思いをより強くしたぞ。

嫌なところ(というか困るところ)は、時々メッチャ混んでいるということくらいか。

でも、やっぱり今度はぱんちょうに行こう!

ということで、今日得たことは、「観光客でぱんちょうからお客さんがあふれていて大混雑、かつちょっぴり財布の中身には余裕があり、さらにたまには少し変わった豚丼が食べたい、という三拍子が揃っていたならば弁慶に行ってみなされ」ということくらいなのであ~るo(TヘTo)

いや、それでもどうかな、、、(*´Д`)=3


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

富良野を囲む大自然

富良野は右を見ても左を見ても大自然であ~る。

富良野山渓倉本聰がはじめて富良野の麓郷にやって来たときに「こんなところが日本にまだあったのか!」と驚いた話は有名だが、約30年経った現在でも十分に大自然は残っている!


スマイリーは山並みにうっすらと雪化粧が残る3~4月にかけての風景が大好きだ。

もちろんラベンダーの咲き乱れる夏休みの頃も大好きだが、、、。

そんな富良野のケーキ屋さんといえば、最近はフラノデリスが全国区であるが、実はもう一軒全国区の老舗を忘れちゃいかんのであ~る。

その名も菓子司新谷だ!

歴史は新谷の方がう~んと古くて伝統があるぞ。

昔から、富良野ではケーキを買うといえばイコール新谷に行くこと、というくらいポピュラーなお店なのだ。

ふらのチーズケーキ 雪どけチーズケーキ
左はふらのチーズケーキ、右はふらの雪どけチーズケーキであるが、どちらも東京有楽町にある北海道アンテナショップ「どさんこプラザ」の人気上位常連組だ。

この他にも「へそのおまんぢう」や「ふらのチーズタルト」など思わず顔がほころんじゃうお菓子でいっぱいなのだ。

そう、新谷は洋菓子、和菓子なんでも来いの頼れるお店なのであ~る。

富良野に遊びに行くのなら、フラノデリスはもちろんのこと新谷も忘れずに寄ってみるべし!

菓子司新谷はこちら


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:北海道の様々な風景 - ジャンル:地域情報

札幌は晴天なり

GWを一週間後に控えて、札幌もようやく春らしい穏やかな天気なのであ~る。
今日の札幌
普段は宴会と甘味補給に精を出しているスマイリーも、休日はウォーキング(タダの散歩?)などしてメタボ濃度を下げているのだ。

<近所の公園から見た風景だよ>

さて、こんな春うららかな昼下がりには、つい口にしたくなるケーキがあるのだ。

大通公園の西にあるプティ・ショコラだ!

ちなみにスマイリー家のクリスマスケーキは5年連続ここのクレームショコラなのであ~る。

プチショコラさて、写真はサンバアイアシェッケだ!

サンバはビターチョコとミルクチョコのムースケーキであるが、チョコレートに囲まれて暮らしたい方にはうってつけのケーキだ。

一方、アイアシェッケは十勝の大樹町産カッテージチーズとカスタードが組み合わさったベイクドケーキで、コーヒーのお供には最高の品である。

どちらも濃厚かつクリーミーでありながら、飽きがこないおいしさだ!

あっ!せっかく消費したカロリーがまた、、、Σ( ̄ロ ̄lll) 


まだ一度も行ったことがないという珍しい札幌人がいたらすぐに行ってみるべし!

(クリスマスケーキは個数限定予約制だから気をつけろ!)


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

コンキリエ

コンキリエって何よ?
ということだが、イタリア語で貝の形をした食べ物の意味だそうだ。

なるほど、さすがに牡蠣で有名な厚岸の道の駅だけあって考えたな。

コンキリエということで厚岸に来ているのだ。

厚岸で安くて美味い牡蠣を食べるといったら富多波と相場は決まっていたのだが、長年ごぶさたしているうちに閉店してしまったらしい。

そこで本日はちまたで評判のコンキリエにご来店であ~る。

なかなか綺麗な設備で、眺めもそこそこよろしいぞ。


あつけし重食べたのは「あつけし重」(1,280円)だ。

牡蠣の照り焼きと白魚の天ぷらがドド~ンと乗っている。


生牡蠣からカキフライまで牡蠣勢ぞろいのかきづくし弁当(2,500円)なるものもあって心が揺れ動いたが、さすがにランチタイムと前日のカロリーオーバーを考慮して遠慮したのだ。
(天ぷらの方が高カロリーだったかも、、、Σ( ̄ロ ̄lll) )

「う~ん、なかなかうまいぞ!」

厚岸大橋を眺めながらの牡蠣ランチならコンキリエに寄ってみるべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

北の勝

昨日に続いて根室(夜の部)である。

仕事をやっつけ、さていよいよ根室の地酒「北の勝」とご対面~!

北の勝 福笑1 福笑2

ビーカーみたいな容器に入っているのでホントに北の勝なのかと思われるかもしれないが、正真正銘北の勝なのだ。

このお酒はススキノ界隈でも結構愛好者が多い。

日本最東端で生まれた地酒だけに北の名産物(特にカニ)と相性が良いからではないかという説もあるようだが、酒だけ飲んでも口当たりはVeryGoodであ~る。

食べ物もたくさん出てきたが、それにしてもなぜグラタンが???

それもマカロニではなくスパゲティが中に入っていたぞ!

まあ、最後の締めには花咲ガニの鉄砲汁も出てきたので良しとしよう。

ところで、「よし、明日は早起きなので早目に切り上げよう!」と始めたはずが、なぜか「すいません、もう看板なんですが、、、」と店員さんに言われるはめに、、、(ー△ー;)

「7時前から始めたのに、、、」
毎度のことながら反省する中年男3人組なのであ~る。


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:道東・地域ネタ - ジャンル:地域情報

根室に来ております、、、

日本の最東端である根室の納沙布岬に来ているのであ~る。
納沙布岬
さすがに寂しいの~、誰もいないぞ。

そして、当たり前だが遠い

スマイリーの住む札幌から納沙布岬まで500㎞もあるんだぞ!

ピンとこないかもしれないが車で約9時間、本州でいえば東京から岡山くらいの感じだ。

そんな道のりを一人で黙々と運転して来たのだ。

納沙布岬まで行かなくても良かったのだが、根室市まで来た勢いで岬まで行ってしまったのであ~る。(単なるヒマ人間)

さて、根室まで来たならばエスカロップを食べなくてはいけない。

北海道でも根室人しかその名を知らない食べ物だ。

エスカロップ一見カツカレーのようにも見えるが、タケノコ入りバターライスにカツを乗っけてデミグラスソースをかけた食べ物だ。

横にくっついているのはポテトサラダに千切りキャベツと相場は決まっているらしい。

「どうせ食べるなら名門といわれる店で食べよう!」ってことで、エスカロップを最初に作ったと噂されるニューモンブランに行って来たのだ。

昼下がりの店内はまったりした雰囲気が漂っていたが、注文してからそんなにかからずに運ばれてきたぞ。

普通にうまい!、、、が普通だ(⌒_⌒;

普通でいいのだ!
郷に入っては郷に従え
根室に行ったらとりあえずエスカロップを食うべし!

てなわけで、夜の部へ続く、、、


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:北海道の様々な風景 - ジャンル:地域情報

期待を裏切らないフラノデリス

富良野にある全国区の店といえば、今やフラノデリスを一番にあげる人も多いのであ~る。

開店以来おいしいケーキ屋さんであったことは周知の事実であったが、長澤まさみちゃんがTVで紹介したことから、その名が思いっきり知られるようになったのはご存知のとおり。

牛乳プリンこれが有名な牛乳プリン

容器がポイントであります。

言うまでもなく、トロトロトロ~リで何個でもいけちゃうよ。

ビンが長くて食べづらそうなんて言う人がたまにいるが、きちんと長い専用スプーンがついてくるから余計な心配はしなくて結構。


ドゥーブルフロマージュそしてドゥーブルフロマージュ、、O(≧∇≦)O  

個人的にはこっちの方がさらに好き!

2種類のチーズケーキが織り成す濃厚かつしっとりとした味わいは癖になるおいしさであ~る。

富良野に出かける皆さんにはぜひ味わって頂きたいが、昨年のGWはもの凄い行列だったので、それなりの覚悟はしていった方がよろしいぞ。

時間と財布に余裕があったら、ほっぺたが落ちる出来栄えの焼き菓子もぜひ購入すべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:富良野近郊 - ジャンル:地域情報

富良野といえばくまげらだ!

くまげら店舗今月も大好きな富良野に行ってきたのであ~る。

スマイリーが富良野でお酒を飲むときはほぼ確実に「くまげら」に寄る。

「北の国から」にも登場するみなさんご存知の超有名店だ。


くまげらあん肝たけのこはも本日のおすすめはあん肝、はも、タケノコとたらの芽の天ぷら等々であ~る。

くまげらでは和牛さしみ丼、山賊鍋、チーズ豆腐が有名かつ人気トップ3と思われるが(もちろんどれも美味)、実は天ぷらやトンカツなどの水準も極めて高く、マスターに相談すれば思わぬ季節の珍品を食べられることもあるのだ。


くまげらサーバーそして何と言ってもオリジナル日本酒

信じられないかもしれないが、ここの酒は普通の酒の2倍は飲める!というか、かなり飲んでも翌日スッキリでビジネスマンにはうれしい酒なのだ。

余計なものが入っていないのがいいらしい。

ちなみに写真に写っているのは5合サーバーと呼ばれている代物だが、スマイリーの顔を見るとマスターは自動的にこの5合サーバーを出してくるのだ。

「どうせ5合以上飲むんでしょ。」「おっしゃるとおり!」

焼きホワイトアスパラが出ていたら必ず食べてみるべし!

くまげらはココ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カントリー雑貨の好きな甘党ならココ!

プチシュープチシューで有名なあとりえYOUだ。

見てのとおりホントにプチだぞ。

一緒に写っているのはプチエクレアと胡麻シューだ。

プチシュー作りの反動ではないだろうが胡麻シューのボリュームの凄いこと!
おいおい、クリームがはみ出しちゃってるぞ。
でも、すっきり味だから量が多くても楽々食べられるのであ~る。

もちろん話題のプチシューはカリカリ皮と中のクリームがマッチしていておいしい。

でもこの店の味わいは家庭的な雰囲気そのものだ!

カントリー雑貨に囲まれたケーキやクッキーたちと、それを見守る絵本に出てくるようなお母さん、すべてがミックスされてここのケーキのおいしさになっているのだ。

ここのケーキは自分でお店で買ってから食べるべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

小腹が空いたらこれを食べてみ!

マスコミに紹介されて以来混雑が続いた「ふくらや」の中華まんだ。

大根まん1 大根まん2

現在もコアなファンで賑わっているが、一時よりは落ち着いて買うことができるぞ。

もちろん味は保証付だ!
(誰の保証だと言われても困るが、とりあえずスマイリー保証で、、、)

本日は、王道の肉まん(ジューシー!)、有名な大根まん(シャッキシャキ!)、おやつ感覚のカボチャまん(ホックリ!)と3個もたいらげてしまった(^~^;)ゞ

言い訳じゃないが、ここの中華まんは全品100円(確か?)であるが、大きさはコンビニ系中華まんに比べるとグッと小ぶりなのであ~る。(三分の二くらいかな)

なんとも表現がむずかしい味のあるおばちゃんも忘れてはいけない。

スパイシーな肉まん好みには、おばちゃんのご配慮により10円タレも控えている。

興味のある者は中華まん全種目制覇を目指すべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

見かけは子供だが中身は大人の味、、?

「お山のちびっこ」という名前だけに小熊の最中である。

お山のちびっこ1 お山のちびっこ2

売っているのはいよだ製菓だ!

昨日は雨の中を旭川までドライブであったが、砂川という字を見て突然思い出したのだ、ここに小熊ちゃんがいることを、、、。

砂川では北菓楼がビッグネームであるが、いよだ製菓は北菓楼よりもはるかに古い明治30年創業の立派な老舗なのだ。

ただ歴史があるだけではなく、いかにも町のお菓子屋さんといった風情で、
和菓子・洋菓子なんでもござれの寛大なお店である。

なかでもこの小熊型最中は人気の品。

見た目の可愛さに比べると、中のあんは甘さ控えめの大人の味、、、、。

取引先のお姉さんたちへのお土産になら迷わず買うべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

プリンとゼリーの宝石箱や~!

花奈里(カナリ)のプリンはかなりうまい!(´~`;)
などとおやじギャグを飛ばしている場合ではないのであ~る。

かなりプリン見よ、このきらめくゼリーが冠されたプリンを!

カラメルゼリーとのことだが、ゼリーだけ食べてもうまい。

もちろんプリンだけ食べてもうまい。
甘さすっきり、口当たりはやわらか過ぎないなめらかさだ。

うまいものを一緒にすると途端に普通の味になっちまうということがよくあるが、花奈里のプリンはゼリーとプリンを一緒に食べるとうまさ倍増だ!

去年「僕の歩く道(フジテレビ系)」にはまっていた時、花奈里のことを「かりな(香里奈)」と知人に教えていとことも、今はいい想い出だ( ̄ω ̄;)

ショーケースにプリンはいろいろあるけれど、
初めて買うならばその名のとおり「かなりのプリン」を買うべし!


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:おすすめスイーツ♪ - ジャンル:グルメ

北海道らしいどら焼きだ!

どら焼き1三恵堂の西町どら焼きだ。

札幌には西町という住所がある。
スマイリーは西町どら焼きを売っている店は西町にあるものだとず~っと思い込んでいたが、実は三恵堂は二十四軒のユニクロの後ろの方にひっそりと店を構えていた、、、。っていうか、あとから来たのはユニクロの方なんだが。

このどら焼き、一枚皮であんを包んでいるので、一般的などら焼きと比べると若干小さい。

そんなことより特筆すべきは、あんの中にバターが入っていることである。

それも結構な大きさの直方体バターなのであるが、これが妙にあんとマッチしていてしつこくなく、いい意味のコクを出しているのだ。

どら焼き2もちろん皮もフカフカでおいしい。

バターとあんこのコラボなんていかにも北海道なのであ~る。

ところで、三恵堂はどら焼きの種類が豊富だ。

は定番だが、林檎珈琲などなど、どんなものでもどら焼きにしてくれるわという心意気だ。

まあ、とりあえず初心者は西町どら焼きから入門すべし!
(ホットケーキの味を思い出すかもな)


皆さんのポチッが励みになります⇒⇒⇒

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

肉屋の惣菜をなめたらあかんぜよ!

スマイリーが宮崎肉店を訪れたのは昼下がりであった、、、。

嫌な予感的中!
ショーケースはガラガラ、冷めたコロッケが数個あるのみ、、。

「やっぱねえ、この時間じゃ売り切れるわな。」と思いつつも、
「まあせっかくここまで来たんだから、、、」と店員さんに声をかける。

「メンチカツはないですか、、、?」  「う~んと、、、あるよ!」
「おっ?、あの~、、ポテトコロッケは?」   「あ~っと、大丈夫!」

冷蔵庫の中を見てそう言うじゃないですか!
『それって、今揚げてくれるってことなのか???』

そうなんです。
昼下がりの場違いな時間にやって来たスマイリーひとりのために、
その場でメンチカツとコロッケを揚げてくれたんです!

宮崎肉店コロッケ「うわっ、超うめ~!」

ビッグなメンチカツは肉汁たっぷり、
コロッケはといえば、なんだこの何ともいえないダシの効いたようなおいしさは、、、。

もちろん、両方ともサクサクほくほくである。

どんなお客様も大切にする心配りと、素晴らしい味!

何回も食べに行きたくなること間違いなしであ~る。


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

コーヒー大福ならここじゃ!

コーヒー大福というものは今やそれほど珍品ではないらしい。

全国あちこちでコーヒー大福なるものが売られているようだ。

しかし、ここ札幌のコーヒー大福は特別美味なのであ~る!

福屋コーヒー大福1見てみんしゃい、この福屋餅菓子舗の餅たちを!!

おはぎ、桜餅、そして、、、コーヒー大福 絵文字名を入力してください

どれもやわらか~~いのでありますよ、とっても。

そして、すべてにおいて程よい甘さ&大きさ。

特に問題のコーヒー大福は、コーヒー風味の練りあんとフレッシュ生クリームがしっとりと包まれた逸品!

福屋コーヒー大福2しかも一個たったの85円

上の写真の3品でも約300円なのであ~~る。

え~い、もう持ってけ泥棒!の世界であります。

とっても古くて小さなお店ですが、ガラス窓の奥でコツコツ作られている餅たちには、古き良き時代と現代が調和した味わいがあるのだ。

甘味が苦手なお父さんも口にしてみるべし。


<追記>
2007年8月現在コーヒー大福が110円に値上がりしております!
(サイズもちょっと大きくなった気がします)



皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

やっぱ日本人はおにぎりだべさ!

佐藤水産グルメおにぎり1デカ~~~イ!!!

写真ではわかりづらいかもしれないけど、本当にデカイぞ!

佐藤水産の「海鮮グルメおにぎり」だ。

普通のおにぎりの1.5倍、いや1.8倍はあるかも、、、。

もちろんデカイだけではないところは、さすが佐藤水産だ。

今日はミックスを食べたのだが、中を割って頭が下がりました。

なんと秋サケと筋子がビッチリ詰まっているでないの!

北海道産秋サケ親子とこれまた道産米ほしのゆめの奏でるハーモニー、
もう存分に味わってちょうだい!

佐藤水産グルメおにぎり2半分食べてもまだこんなに残ってるって信じられる?

350円の価値は十分にありますですよ。

このおにぎり、JR札幌駅前の佐藤水産で買えるんだけど、
午前10時に入荷して11時にはもうないぞ!

毎日100個くらい入荷するらしいが、あっという間に
売れてしまう大人気商品なのであ~る。

どうしても食べたいが昼休みまで会社を抜け出せないというみなさんは
早目にお取り置きのお願いを電話でするべし!

おにぎりの詳しい説明はこちら


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

じゃがポックルなのだ!

じゃがポックルじゃがポックル」とは考えたものである。

巷で人気継続中のカルビーのお菓子なのだ。

この箱に小袋が10袋入っているのだが、

実はこのじゃがポックル、北海道では意外と認知度が低い。

だって、街の中で売っていないんだもん、そりゃわからんって!

スマイリー調べによると、札幌市内に住む一般中年男女10名に対して、
名前を知っていた人5名、うち食べたことがある人2名、、、。

北海道限定販売なのに何という道産子の関心の低さ、、、。

ただ、さすがに味はなかなかクセになりそうなものがある!

同じカルビーのじゃがりこを高級にした感じというか、
じゃがりこがただのグレープフルーツサワーだとしたならば、
じゃがポックルは生搾りグレープフルーツサワーという感じだ。


実際、カットした皮付きのイモをそのまま揚げて、
オホーツクの塩で味付けをしたといういのだから、そりゃうまいっしょ!

もちろん原料のジャガイモは北海道産100%なのであ~る!

ぜひとも一度は食べてみることをオススメする!

が、ひと袋の中身をもう少し増やして欲しい、、、sc06

カルビーのHPはこちら!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

富良野発ガラスのアーティスト

富良野ではきっと知らない人がいないくらいの有名人であります。

ガラスの巨匠こと山口さんの何が凄いって、
ちっちゃいペンダントからでっかいステンドグラスまで、
ガラスに関しては何でもアートしてしまうところなのです。

スマイリーは職場にも自宅にも巨匠の時計を飾っています。

ガラス時計1 ガラス時計2


この時計を見ると、気持ちは富良野のラベンダー畑、、、癒される、、、。

実用的にはあまり期待はしていませんでしたが(すいません)、
予想以上に時間も正確でほとんど狂いません。(現在日差±約1分以内)

「どうしてこんな北海道のど真ん中で関西弁なんだ~~!!」と
驚くかもしれませんが、巨匠の味わい深いお話と作品に巡り合えば
きっとあなたも魅了されること確実です。

富良野へ行ったら「ふらののガラス屋さん」にぜひ寄ってみるべし!

時計だけでもこんなにあるよ


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:富良野近郊 - ジャンル:地域情報

自己紹介

Author:スマイリーパパ
北海道札幌市在住
酒好き、甘味好きの40代!
北海道が一番だべや!

********************** ↓今日の順位は何位かな? 人気ブログランキングバナー大

いらっしゃいませ!

Flashカレンダー

最近の記事

ブログ内検索

コメントありがとう!

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック大歓迎!

月別アーカイブ

RSSフィード

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。