スマイリーの道産子的ココロ

メタボリックパパが書き綴る自己中心的オススメ北海道グルメの数々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかめしdeフレンチ☆Bees.Bee

BeesBee店舗函館の柏木町にあるカフェレストランBees.Beeにやって来たのであ~る。

市電深堀町停留所からも程近いBees.Beeは函館マダムたちに人気の洋食店で、ご覧のとおり平日のランチタイムでも駐車場が満杯となる人気ぶりだぞ。

ヨーロピアンな店内では時折ピアノの生演奏が行なわれるなど、おしゃれな雰囲気も十分でありながら価格はお手頃なところが人気の理由かもしれないな。


そんなBees.Beeのシェフが全国的に人気の森町のいかめしをアレンジして作り出した洋風いかめしが人気急上昇中とのことで、本日はテイクアウトでご紹介だ。

BeesBeeイカメシdeフレンチ1 BeesBeeイカメシdeフレンチ2
まずはイカメシdeフレンチ

サフランライスが詰まったイカメシをベシャメルソースで味わう一品は、クリーミーなホワイトソースがあっさりしたサフランライスイカメシによくマッチしている。


BeesBeeイカメシdeイタリアン1 BeesBeeイカメシdeイタリアン2
こちらはイカメシdeイタリアン

イカスミのリゾットが詰まったチーズ入りイカメシをトマトソースでいただく一品なのだが、この奇妙な組み合わせも食べてみるとまったく違和感なくいただくことができるのだ。


この洋風いかめしはお店で普通に注文することもできるのだが、お持ち帰りの場合は真空パックで冷凍保管ができるので、レンジでチンや湯煎で温めるだけでいつでも自宅で味わうことができるぞ。


人気のいかめしをアレンジした洋風いかめしが味わえるBees.Bee、定番の洋食メニューの合間にいただくとひと味違う美味しさにビックリなのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー


スポンサーサイト

テーマ:道南・函館 - ジャンル:地域情報

円山のくつろぎカフェ☆JET SET

JETSET店舗円山にあるおしゃれなカフェJET SETにやって来たのであ~る。

地下鉄円山公園駅から徒歩5~6分、大通沿いにある一面ガラス張りの店舗は通り過ぎる人たちが思わず振り向くような印象的な建物だ。

2階のテラス席に上がると広々とした大きな窓から暖かくて心地よい陽射しが入り込み、美味しいランチをいただきながらボ~ッとするには最高のシチュエーションだぞ。


JETSETBLTサンド1 JETSETBLTサンド2
この日いただいたのはオープンサンドのBLTサンド

JET SETはパスタやライスも品揃えはあるものの、パンケーキやオープンサンドの人気が高いお店なのだ。

カリカリに焼かれた胚芽入りパンの上にみずみずしいレタスとトマトが載っけられ、そこにこれまたカリカリに焼かれた特製ベーコンが添えられているぞ。

薄い塩味が効いたフライドポテトをつまみながらBLTサンドを少しずついただき、合間にアイスコーヒーで喉をうるおしては外の風景をぼんやりと眺める。

ちょっと疲れているかなあと感じたときには、こんなゆったりとしたランチもいいものだ。


おしゃれな街のくつろげるカフェJET SET、素敵な家具や雑貨も並ぶ空間は疲れた心も癒してくれるのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

出張中のためコメントへのご返答が遅くなります<(_ _)>

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

背脂たっぷり白スープ☆山嵐

山嵐店舗平岸の環状通り沿いにあるラーメン屋さん、山嵐にやって来たのであ~る。

今年3月に近所から移転OPENした山嵐だが、札幌のラーメンマニアの間では人気急上昇中のお店のひとつなのだ。

そもそも豊平区はこのところ新進気鋭の人気ラーメン店が乱立する新ラーメン激戦区山嵐をはじめ彩未eijiまるは等々次々と期待のお店が台頭してきている。


山嵐ネギダク白スープさて、こちらはネギダクラーメンの白スープ

山嵐には豚骨スープに背脂を散らせた白スープと、その白スープにサバ節などの魚粉を加えた海スープが存在しており、それと合わせるトッピング系メニューとしてネギダク肉ダクキャベダクなどが用意されている。

ネギダク白スープはご覧の通りラーメンの上一面に青ネギがびっしりと盛られており、それをかき分けてスープに到達すると一面雪景色のような背脂たっぷりのスープが現れるのだ。

いわゆる背脂チャッチャ系などと呼ばれるカテゴリーのスープであるが、これが見た目とは180度違ってとてもあっさりして飲みやすい

小麦の香りがしてくるような極太ストレート麺を堪能した後に残された青ネギ混じりの白スープは、それだけをゴクゴクと飲んでも美味しくいただけるのだ。


噛みごたえのある極太麺と白スープの相性が最高の山嵐、こっさり系の名前どおりこってりさっぱりの個性派ラーメンはもう一杯食べたくなる味わいだぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

出張中のためコメントへのご返答が遅くなります<(_ _)>


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

しっとり可愛いチョコレートケーキ☆ププリエ

ププリエ店舗北海道大学の近くにあるフランス菓子&珈琲の店ププリエにやって来たのであ~る。

北12条にある可愛いお店はJR札幌駅北口からもちょっと頑張れば歩ける距離、都会の中心部に近い場所にありながらもそれほど騒がしくもない絶妙の場所に建っている。

フランスで修行したシェフが作り出す可愛らしいサイズのケーキは、サイズの割には価格が300円台後半とお高い設定になっているにもかかわらず、30年にわたり地元のお客さんの人気をつかんで離さないほどの魅力があるのだ。


ププリエプラリネのチョコレートケーキ ププリエ苺のミルフィーユ ププリエミックスフルーツのタルト
決して広いとはいえない店内に喫茶コーナーと小さなショーケースが設置されているが、本日はそこから選んだ3品をご紹介だ。

プラリネのチョコレートケーキ(写真左)はしっとりとしたアーモンドクリームとチョコレートのコラボが絶妙な一品で、さすがにチョコレート系ケーキは特に評判が高いププリエの作品だと納得できる。

苺のミルフィーユ(写真中)はミルフィーユとしては珍しい真四角なキュービックタイプで、上下の薄いミルフィーユ生地の合間にたっぷりのイチゴと生クリーム&カスタードクリームが詰まっているのだ。

ミックスフルーツのタルト(写真右)は見ての通り可愛らしいタルト生地の中に甘さ控えめのカスタードクリームをたっぷり詰めて、旬のフルーツをこんもりと盛り付けた一品で、爽やかな甘さが味わえるぞ。


小さい割りに高値だが食べて納得のケーキが並ぶププリエ、しっとり優しい味わいのチョコレートケーキは食べて悔いなしだぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

出張中のためコメントへのご返答が遅くなります<(_ _)>

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

サクサクフライに舌鼓☆味処てっ平

てっ平店舗苫小牧の音羽町にある味処てっ平にやって来たのであ~る。

JR苫小牧駅から少し東に走った住宅街の一角にあるてっ平は、幹線道路から一本入った裏通りにあるためちょっとわかりづらい場所ではあるが、いつ行ってもお客さんで混雑している。

肉系から海鮮系まで幅広いネタをカラッと揚げたフライがメインのお店は、揚げもの系では苫小牧№1との評判もあるほどの人気店なのだ。


てっ平Aセット1 てっ平Aセット2
この日の注文はランチメニューのAセット

お昼のサービスメニューは音階のようにド~シまで続く1,000円ゾーンアルファベットのA~Fまでの1,150円ゾーン、さらに1,200円台から1,500円台まで続く数字の1~10のゾーンとかなり豊富な品揃えだ。

このAセットはヒレ肉エビイカホタテ白身魚のフライ盛り合わせにご飯と味噌汁がついたお得なセット。

どのフライもカラッと揚がっていて気持ちの良いサクサク食感、ヒレ肉はやわらかくエビは2本1セットになっていて食べ応えも十分だ。

妙に細長いのが白身魚で、イカのフライは普通の2~3倍はあろうかというビッグサイズ、ホタテも旨味がジュワ~ッとにじみ出るとくれば文句の言いようもないだろう。


苫小牧で美味しいフライを味わえる味処てっ平、すりゴマ+特製ソースとタルタルソースをたっぷり使うとさらに美味しさ倍増だ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

札大前の味なつけそば☆まるは

まるは店舗豊平区西岡は札幌大学の目と鼻の先の小路に店を構える麺処まるはにやって来たのであ~る。

最近スマイリー周辺のラーメンマニアの方々から、やたらと行ってみろと勧められていたのがこの麺処まるは

最近は札幌にもどんどん新しいラーメン店が誕生して、もはや札幌ラーメンというひとつのカテゴリーではまとめようもないくらい様々な種類のラーメンが登場しているが、ここまるはもそんな新進気鋭のお店のひとつだぞ。


まるはつけそば麺 まるはつけそばタレ
本日の注文は「最初にこれを食べること」とみんなに言われていたつけそば

東京の超人気製麺所浅草開化楼から取り寄せた極太麺をワシッと箸でつまみ、魚介系のつけダレを絡ませてズルズルと頬張ると、これはさすがに評判になるだけあってガツンとくる衝撃の味。

しっかりとした歯ごたえのモチモチ麺と魚粉が溶け込んだ旨味十分のつけダレは、まさに相性バッチリの組み合わせだ。

休む間もなく麺を平らげたあとは、とっくりに入った柑橘系の風味が漂うスープでつけダレを割るスープ割を楽しむわけだが、これまた絶妙な旨さが交錯する味わいにあっという間に飲み干してしまうぞ。


西岡の住宅街の裏通りで美味しいラーメンを作り出す麺処まるは、シンプルかつガツンとくる味わいに新たなブームを予感させられるのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

北の峰の粋な二枚もり☆十六文

十六文店舗富良野は北の峰への上り口あたりにあるおそば屋さん、十六文にやって来たのであ~る。

落ち着いた佇まいのあまり目立たないお店なのだが、金融マンから転職したというご主人が作るそばの味が評判を集めており、地元の方々の間でも年々人気上昇中なのだ。

実は富良野というところは美味しいおそば屋さんが多い町で、全道的に有名な半月小野田そばをはじめ隠れた名店がいくつか存在している。

なにしろあのくまげらだって昔はおそば屋さんだったくらいだからな。


十六文二枚もり一番粉 十六文二枚もりひきぐるみ
こちらは人気の二枚もり

二枚のもりそばはそれぞれ違うそばが選べるので、初めての方なら一番粉とひきぐるみを試して欲しい。

一番粉(写真左)は白っぽい色をした更科系のそばで、甘味のある細麺が辛口のつゆと絡んでツルツルと喉越しよく胃袋に収まっていく

ひきぐるみ(写真右)は濃い色をした田舎そばの細切りタイプで、そばの風味が香ばしく噛みごたえも十分の一品だ。

せっかくの二枚もりもあまりの美味しさにあっという間に完食、上品なそばの味わいに人気の程にも納得というものだな。


自然豊かな富良野の街の片隅で美味しいおそばが堪能できる十六文、ラベンダー観光の途中で立ち寄っても損はないお店なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

訓子府の名物カツ丼☆福よし食堂

福よし店舗訓子府町にある福よし食堂にやって来たのであ~る。

訓子府町は北見・留辺蘂・置戸などに囲まれた小さな町、以前はふるさと銀河線が走っていたこの町では卵でとじていないカツ丼が名物だ。

創業60年を迎える福よしはそんな訓子府名物のカツ丼の元祖として知られており、あまりにも年季が入っていて暖簾をくぐるのが不安になる店構えとは裏腹に、地元の皆さんの憩いの場として根強い人気があるらしい。


福よしかつどん1 福よしかつどん2
こちらが訓子府名物のカツ丼

北海道では卵でとじたカツ丼が一般的であり、たまにソースカツ丼を見かけるといったくらいだと思うが、福よしのカツ丼はそのどちらでもないいわゆるタレカツ丼だ。

750円という値段から予想した大きさよりもひと回り大きな丼で運ばれてきたカツ丼は、熱々の白いご飯にサックリとした歯ごたえのカツが載っている

使われているタレは甘しょっぱい未知の味、甘すぎずもしょっぱすぎずも辛すぎずもない微妙なバランスを取ったタレの味がカツ全体によく馴染んでおり、白いご飯とは相性バッチリだ。

ちなみに普通のカツ丼を食べたいときにはとじカツ丼と注文しないといけないわけだが、とじカツ丼もカツがとじられているわけではなく、このカツ丼のカツの横に卵とじが載っただけの代物らしい。


山間の町訓子府で珍しいタレカツ丼が味わえる福よし食堂、当たり前のカツ丼だけでは物足りないという方には一度試していただきたい味なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報

北見の地ビールレストラン☆オホーツクビアファクトリー

オホーツクビール店舗北見の中心部にある地ビールレストラン、オホーツクビアファクトリーにやって来たのであ~る。

繁華街のネオンの群れから少し離れたところで煌々と輝く建物は、広々としたホールとオープンテラスが広がる開放的な空間だ。

北国オホーツクで鍛えられた地元産の麦から作られる地ビールは、海外のビール評論家からも高い評価を得ているとのことで、もちろん迷うことなく飲み放題2,000円を選択。


オホーツクビールヴァイツェン オホーツクビールエールろ過前 オホーツクビールケルシュ
グラスで飲むと5杯で元が取れるのであっという間に元は取れるのであるが、せっかくなので一杯ずつじっくりと味わいながらいただいていく。

ヴァイツェン(写真左)は小麦麦芽を50%以上使った淡色のビールで、苦味が弱くフルーティーな味わいなのでお酒が苦手な女性の方でも比較的美味しく飲めそう。

エールろ過前(写真中)はろ過により除去される酵母がそのまま入ったビールで、芳醇な香りと深みのある味わいは大人のビールといった印象だ。

ケルシュ(写真右)はこの時期限定で味わえるビールで、琥珀色の美しい色合いとさっぱりとした飲み口が心地よい。


オホーツクビールオニオンサラダ オホーツクビールピザマルゲリータ オホーツクビールホルモンの唐揚げ
ビールを飲めば食欲も湧いてくるというもので、まずはすぐに出てきて健康にも良いしゃきしゃきオニオンサラダ(写真左)。

玉ねぎの産地としても知られる北見のオニオンサラダらしく、みずみずしい食感と自然な甘味がうれしい一品。

ビールといえばピザでしょうということで注文したのがピザマルゲリータ(写真中)、カリッという歯ごたえに続く香ばしい生地の香りとチーズの風味がさらにビールを進ませる。

焼肉の街北見らしい一品といえばホルモンの唐揚げ(写真右)、普通に焼いても美味しいホルモンだが唐揚げにしても美味で、これは伸ばす手が止まらなくなるクセになる味だ。


オホーツクの美味しい地ビールとこだわり料理を味わうことができるオホーツクビアファクトリー、明るい声がこだまするホールでビールを飲めば一日の疲れも吹っ飛ぶぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー


テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報

ラーメン横丁に関西の風☆けらあん

けらあん店舗すすきのの元祖ラーメン横丁にある札幌ラーメン酒場けらあんにやって来たのであ~る。

ラーメン横丁の北側入口という目立つ場所にあるけらあんは、近鉄バッファローズで野茂投手とバッテリーを組んでいた光山選手がオーナーのラーメン屋さんで、大阪出身の光山さんらしく串カツとはりはりをラーメン屋さんに持ち込んだお店なのだ。

大阪に行ったこともなければ、本場の串カツもはりはり鍋も食べたことがないという方でも、ここに来ればちょっとだけその雰囲気が味わえる。


けらあん串カツ けらあんはりはりラーメン
串カツは1本100円台、定番の串カツ以外には熱々トロ~リのチーズ串が人気のようだ。

目の前に置かれたソースには「2度漬け禁止」の張り紙があり、これまた関西の串カツ屋さんのマナーを踏襲している。

生ビールを片手に串カツをつまみながら待っていると、程なく出てきたのがはりはりラーメン

はりはり鍋をモチーフにした水菜がてんこ盛りのはりはりラーメンは、南河内から空輸された和牛ホルモンの油かすの旨味とコクを生かした一品

関西の良さを活かしながらもスープには中札内産鶏や道産豚をベースにしており、麺も道産小麦100%のストレート麺を使用するなど、札幌ラーメンの看板にこたえる配慮がされている。

油かすのコクがありながらあっさりした醤油味のスープはストレート麺との相性もバッチリで、水菜のシャキシャキ感とともに爽やかな後味が口に残るのだ。

アイヌ語で「おいしい」という意味を持つけらあん、関西発札幌ラーメンの味わいは宴会後の胃袋をやさしくほぐしてくれるぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

サイバーシティの粋な居酒屋☆北○

北○店舗 北○ホワイトアスパラ豆腐
すすきののサイバーシティビル2Fにある居酒屋北○にやって来たのであ~る。

店舗中央のシックなカウンター席や清潔感のある小上がり席など、会社帰りのサラリーマンから彼女とのデートまで、あらゆるシーンで使えそうなお店だぞ。

すすきの歓楽街の中心部に建つサイバーシティビルの中でもひときわお客さんの入りがいい北○は、その雰囲気と接客の良さ、そして「うむっ!」と感じさせるひとひねりした料理の数々が人気を呼んでいるのだ。

この日のコースもまず安平産ホワイトアスパラの豆腐という奇襲戦法でスタートだぞ。


北○刺身 北○ホッケのチャンチャン焼き 北○カルパッチョ
まずは甘海老、ふくらぎ、ホタテという旬の刺身が登場、甘海老のしっとりした甘さやホタテのプリプリ食感とともに、ハマチになる前のふくらぎのさっぱりとした旨味がいい味を出している。

ロシア産ホッケのチャンチャン焼きは普段見慣れたチャンチャン焼きとはちょっと違った姿だが、ホクッとした身とみそ味がお酒にはよく合う。

水茄子とトマトのカルパッチョはお口直しにもなる爽やかな一品で、泉州の水茄子ってこんなに美味しかったんだと認識させてくれるのだ。


北○茶碗蒸し 北○あべ鶏の唐揚げ 北○お茶漬け
寿都産かすべを使った茶碗蒸しは、ただ甘いだけではなくコクのあるダシの味が伝わる一品。

ジューシーな岩手産あべ鶏の唐揚げはとてもやわらかく、熱々のところを抹茶塩でいただくと思わずビールをお代わりしてしまいそうになる。

この日の〆は根室産トキシラズのお茶漬けであるが、たっぷり脂がのった鮭を散らしたお茶漬けは、美味しいコースの最後を飾るにふさわしい一品なのだ。


すすきのの真ん中で気持ち良くお酒と料理が味わえる北○、おひとり様からカップル、グループまで楽しみ方色々のお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

図書館で腹ごしらえ☆図書苑

図書苑玄関 図書苑中庭
札幌中央図書館の地下にある図書苑にやって来たのであ~る。

仕事の調べものをしたり、書類を作成したり、それにのんびりと考えごとをしたりするには、やはり図書館という資料もあって静かな空間は結構使える。

図書苑はそんな図書館の地下にある食堂なのだが、さすがに公立図書館の食堂だけあってお得な価格でランチをいただくことができるのだ。


図書苑カツカレー1 図書苑カツカレー2
こちらはカツカレー

20種類くらいのランチメニューを揃える図書苑の中でも人気メニューのひとつといわれるカツカレーは、480円の値段にしてボリュームたっぷりの一品だ。

ご飯の量もカツのボリュームも、それにルーの量まできっちりと納得のいく分量で、おまけにサラダ・スープまでついてこの価格はうれしい。

リトルスプーンやココイチでもカツカレーを食べようと思ったら600円越えは覚悟しなくてはいけない時代の中で、ワンコインでお釣が来るとは学生さんや給料日前のサラリーマンにもありがたい価格設定だぞ。

さすがにこの値段でグルメなカレーショップの味を求めてはいけないが、元気なおばちゃんたちが作るカレーは家庭の味を思い出させるスタンダードな味わいだ。


きれいな緑の中庭を眺めながらお手頃なランチを楽しめる図書苑、図書館地下の目立たない食堂は結構使える場所なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

酒屋さんのジェラート☆果林樹

果林樹店舗札幌から支笏湖へ向かう途中の南区石山にあるジェラートのお店果林樹にやって来たのであ~る。

地酒仙丸という酒屋さんに併設されたジェラートのお店は、あわもりラムレーズンといったアルコール系ジェラートで有名になったが、もちろん通常のジェラートも種類が豊富で味のレベルもかなり高い。

車がないと行くには不便な立地条件だが、支笏湖や芸術の森へ向かう行き返りに立ち寄る方も多いことから、夏場の休日は行列必至の人気店だぞ。


果林樹ジェラートこちらはコーンのダブルで、味はスペシャルミルク&カフェオレ(だったかな、、、)。

店頭に並んでいるジェラートは10~15種類だが、日替わり、月替わり、季節替わりに加えて材料入荷時のみ販売なんていう商品もあるので、果林樹のジェラートを全種類体験しようと思ったら何日かかるかわからないほどだ。

ジェラートの食感はネリネリ具合がちょうど良く、無添加・無着色で余計なものが入っていないため、牛乳の自然な甘味と素材の旨味がいいバランスで味わえる。

甘いものが苦手な男性でも、人気のあわもりやラムレーズンをはじめ、芋焼酎・シャンパン・ブランデー等々アルコールが相当効いたジェラートもあるので楽しめると思うぞ。


酒屋さんの店先で美味しいジェラートが味わえる果林樹、ドライバーさんにはアルコール系ジェラート販売禁止なので食べたい方は運転手を連れて行こう!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

富良野といえばやっぱりココ☆くまげら

くまげら店舗 渡部医院ラベンダー
今年も富良野にラベンダーが咲き乱れる季節がやって来たのであ~る。

さてさて富良野といえばスマイリーが必ず立ち寄るくまげらに本日も突入だ。

ちなみに街角のラベンダー(写真右)は北の国からにも登場したことがある渡部医院の花壇だが、この木造の白い病院は今秋の富良野ドラマ「風のガーデン」にも使われるという噂だぞ。


くまげらビール&おひたし くまげらしめじ鍋
さて、玉ねぎの苗のおひたしをつまみに冷たいビールを飲んでいると、ひときわでっかい鍋で登場したのがしめじ鍋

「いつも山賊鍋ばかりじゃ面白くないと思って、、、」ということでマスターが用意してくれた鍋を開くと、鍋を埋め尽くしているしめじが突然変異のように巨大なのだ。

なんでも富良野塾がある布礼別の山の中で採って来たらしいが、このしめじがそれぞれ椎茸や松茸のような香りと食感を持っており、鍋の出汁にもいい味を出していてたまらなく美味しい


くまげらかわはぎ くまげらしいたけ焼き くまげら亀の手
巨大しめじを食べて元気モリモリ日本酒を飲んでいると、北海道じゃ珍しいカワハギ(写真左)、妙に肉厚の椎茸焼き(写真中)に続いて、どっさりと登場したのがカメノテ(写真右)。

見た目が亀の手に似ているのでその名がついた貝の一種だが、ちょっぴり塩味のついたところをプチプチ食べていると結構手が止まらなくなったりするのだ。


ラベンダーが咲いていても咲いていなくても美味しいお酒が待っているくまげら、日本酒に合う料理も目白押しでついつい飲みすぎてしまうのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

十勝の大地で豚肉を食らう☆ランチョエルパソ

ランチョエルパソ店舗帯広にある放牧豚のお肉が美味しいランチョエルパソにやって来たのであ~る。

帯広といえば豚丼が有名でいくつもの名店がしのぎを削っているが、豚丼はもちろんのことステーキ、ベーコン、ソーセージまで豚肉のことなら任せとけというのがランチョエルパソだ。

以前にもご紹介したことがあるのだが、ポロシリ岳のふもとですくすく育った放牧豚のお肉は、どんな調理方法でも美味しく食べられるぞ。


ランチョエルパソ特大豚カツレツ1 ランチョエルパソ特大豚カツレツ2
この日はお腹が空いていたのでちょっとガツンといこうかと特大豚カツレツを注文。

メニューの写真を見た限りでは、特大といっても驚くほどの大きさではないように見えたことと、説明にも「薄く大きく揚げた肩ロース」と書いてあったので薄いから大丈夫と安心して注文したのだが、、、。

運ばれて来たのは大人の下駄よりも大きいサイズのカツレツ、おまけに厚さも薄いところはあるものの普通のトンカツの倍くらいの厚さの部分もあるのだ。

「そうだ、ランチョエルパソはどのメニューもボリュームが多かったんだ、、、。」と気付いても後の祭り。

しかし心配するなかれ、さすがにお肉が美味しいのでこれだけのカツレツでも一気に完食可能で満足満腹、食後に変な汗が首筋に浮かんできたが、これで900円とはさすがにランチョエルパソだ。


十勝の大地でのびのび育った放牧豚の美味しい料理を味わえるランチョエルパソ、ビッグサイズで味も納得の食いしん坊にはうれしいお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報

千春の町のパン屋さん☆高橋菓子パン店

松山千春の家 松山千春歌碑
北海道が生んだフォーク界のスター松山千春の故郷として有名な足寄へやって来たのであ~る。

ここは足寄の町なかにある似顔絵大看板が目印の松山千春の実家からも近い道の駅あしょろ銀河ホール21、施設の中には地元特産品が並ぶ足寄観光物産館などとともに松山千春コーナーが大々的に設置されており、ステージ衣裳やゴールドディスク大賞の楯など縁の品が数多く飾られているのだ。

正面玄関前にはデビュー30周年を記念して建てられた歌碑があり、ボタンを押すと道の駅の建物から大音量で「大空と大地の中で」が鳴り響く豪華版だぞ。


高橋菓子パン店店舗さて、こちらはあしょろ銀河ホール21の目の前にある高橋菓子パン店であ~る。

食パンと豆パンが人気で遠方からもわざわざやって来る方も多いというお店だが、この日は立ち寄ったのが午後ということもあって両方とも売り切れ、、、。

なんと恐るべし高橋菓子パン店だが、気落ちせずに美味しそうなパンを買ったのだ。


高橋菓子パン店牛乳クリームパン 高橋菓子パン店えんどうあんぱん 高橋菓子パン店スウィートポテト
まずは十勝の雄大な自然にふさわしい牛乳クリームパン(写真左)。

普通のクリームパンよりも中のクリームが濃厚で、ひと口いただくたびにミルクの風味が漂う一品だ。

お次はえんどうあんぱん(写真中)。

スマイリーの好物でもあるうぐいすあんがたっぷり入ったえんどうあんぱんは、えんどう豆の緑色と素朴な甘さが郷愁を誘う一品だ。

最後はスウィートポテト(写真右)。

葉巻型の可愛いパン生地の中に本格的なスウィートポテトがたっぷり詰まった一品は、パン生地とさつまいもが予想以上に違和感がなく、3時のおやつにはちょうど良い味わいなだぞ。


松山千春の故郷足寄町の真ん中で美味しいパンが味わえる高橋菓子パン店、大空と大地の中でいただくパンはまたひと味違った美味しさなのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:北海道/道東 - ジャンル:地域情報

中央卸売場外市場のお得な丼☆平野屋

平野屋店舗札幌市中央卸売場外市場にある寿し処平野屋にやって来たのであ~る。

札幌市の中心部からも近い札幌中央卸売市場に直結する場外市場は、朝一番のセリで競り落とされた食材がそのまま店頭に並ぶ新鮮な市場だ。

海産物、農産物が豊富に並ぶ場外市場の中には、北海道らしい食材をお手軽価格で味わえる飲食店も多数存在しているが、ここ平野屋もそんな中の一軒だぞ。


平野屋炙り銀かれい丼1 平野屋炙り銀かれい丼2
こちらは炙り銀かれい丼

北千島沖でとれた銀かれいを強火で炙り、特製のタレにつけて白いご飯の上に載せた丼だ。

銀かれいはトロヒラメと呼ばれるだけあって脂の乗りが抜群、とろけるような食感の銀かれいがたっぷり載ったうえに、カニ汁までついて680円とは驚きのお値段だぞ。


平野屋活ホタテ丼1 平野屋活ホタテ丼2
こちらは活ホタテ丼

とれたて新鮮な活ホタテがこれでもかと載っている活ホタテ丼は、食べても食べても中からホタテが登場してくるほどホタテ満載の丼なのだ。

ホタテのプリプリ感を心ゆくまで楽しめるこの丼も、ナント味噌汁付で680円というありがたい値段になっている。

言っておくが炙り銀かれい丼も活ホタテ丼もミニサイズなどではなく、ごく普通の丼の大きさでこれひとつで十分なボリュームだぞ。

もしあまりのお得な値段に両方食べたとしても1,360円なので、下手な海鮮丼の1人前よりも安いということだ。


道都を代表する札幌場外市場でお手頃価格でお食事が楽しめる寿し処平野屋、安くて美味い海鮮料理をお望みならば立ち寄っても損はないお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

鱗友朝市で小樽丼☆のんのん

のんのん鱗友朝市 のんのん店舗
小樽市手宮の鱗友朝市にある食事処のんのんにやって来たのであ~る。

小樽の中心部から祝津へ向けて車を走らせると、途中手宮バスターミナルのところを小樽港に向けて曲がるとすぐに到着だ。

鱗友朝市は小樽近海でとれたばかりの新鮮な魚介類を朝早くから販売しているのだが、その朝市で仕入れたばかりの材料で美味しい丼や定食を作ってくれるのがのんのんだぞ。


のんのん小樽丼1 のんのん小樽丼2
こちらは看板メニューのひとつ小樽丼

活ホタテウニイクラという人気の素材三品が載った贅沢な丼だ。

濃厚な味のイクラは絡みつくようなプチプチ食感がうれしい本格派で、ウニの甘さと素晴らしいコンビネーションを見せている。

活ホタテはうれしくなるほどのプリプリ状態で、周囲に添えられたヒモの部分はまだウネウネと動いているほどなのだ。


とれたて新鮮な海鮮食材を満喫できる食事処のんのん、午前4時から開店なので観光の皆さんも時間を有効活用できるぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

たらこ好きにはたまりません☆たらこ家虎杖浜

たらこ家店舗 たらこ家看板
白老と登別の境界線に近い虎杖浜、その海岸線に建つたらこ家虎杖浜にやって来たのであ~る。

太平洋を目の前に臨むたらこ家虎杖浜は、大正2年創業の松田水産が経営する食堂兼お土産屋さんだぞ。

虎杖浜といえばたらこ、輸入品が大勢を占めるたらこ業界であるが、ここ虎杖浜は日本屈指のたらこの加工地として知られている。

その虎杖浜でも老舗となるたらこ家虎杖浜のたらこは、早朝に虎杖浜沖で水揚げされたスケトウダラをその日のうちに加工した本物の味なのだ。


たらこ家たらこ丼1 たらこ家たらこ丼2
そんな美味しいたらこを存分に味わえるのがこちらのたらこ丼

白いご飯に見事な形状のたらこが2本、それに加えてほぐしたらこがたっぷりと盛り付けられ、さらには昆布〆したマダラの刺身が載った豪華版だ。

たらこをひと口頬張るとまず驚かされるのがその粒々感で、クリーミーな口当たりの中にしっかりとたらこのプチプチ感が感じ取れる。

味も決してしょっぱ過ぎるということはなく、これだけのたらこが載っていながらしっかりとご飯と一緒に完食することが可能だ。

ただし、これだけのたらこを丼1杯で使い切るのはいかにももったいなく、ご飯が3杯くらい食べたくなるのも事実だな。


とれたてのスケトウダラを生のまま即日加工した新鮮なたらこの味を堪能できるたらこ家虎杖浜、思わず「た~らこ~♪た~らこ~♪」と歌いだしたくなる美味しさなのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

千歳発アットホームなパン屋さん☆ちいさなめ

ちいさなめ店舗JR千歳線長都駅から程近い住宅街にあるパン屋さん、chiisana*me(ちいさなめ)にやって来たのであ~る。

ごく普通の一軒家を改造したような小さな店舗は、3~4人お客様が入るだけで身動きが取れなくなりそうな広さであるが、カントリー調のインテリアなど随所に可愛らしさを感じることができるぞ。

ご夫婦二人で切り盛りしているというアットホームな雰囲気も好感が持てるが、何より納得なのはパンの美味しさに他ならない。


ちいさなめ白いカレーパン1 ちいさなめ白いカレーパン2
まずは人気の白いカレーパン

よくある揚げパン形式のカレーパンではなく、白いパン生地の中に自家製カレーがたっぷり詰まった一品だぞ。

中のカレーはたっぷりの挽き肉の間から時々じゃがいもが顔を出す特製カレーで、これがもちもち食感の白いパン生地にマッチしていて、あっという間に平らげてしまう美味しさなのだ。


ちいさなめりんごのクロワッサン ちいさなめかぼちゃのクロワッサン
こちらがりんごのクロワッサン(写真左)とかぼちゃのクロワッサン(写真右)。

シロップ漬けのりんごを軽めのクロワッサン生地で包んだりんごのクロワッサンは、パンというよりもスイーツに近い味わいで、パリパリとした口当たりとりんごの素朴な甘味のバランスが絶妙だ。

皮付きかぼちゃのペーストをクロワッサン生地で包んだかぼちゃのクロワッサンは、重量感がたっぷりで食べ応えも十分、かぼちゃ本来の旨味と甘味がきちんと感じられる仕上がりになっている。


千歳の新興住宅地にひっそりとお店を構えるchiisana*me、近所にあったらリピーターになってしまいそうなパン屋さんなのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

サンタのヒゲ☆ポプラファーム

ポプラファーム店舗ラベンダーが美しい中富良野町にあるポプラファームにやって来たのであ~る。

かの有名なファーム富田からは若干離れているが、富良野と旭川を結ぶ国道237号線に面しているので、富良野観光へ行ったことがある方ならきっと看板を見たことがあるはずだ。

ポプラファームは富良野メロンの販売店であるが、その名前が有名になったのは店頭販売しているサンタのヒゲのおかげだぞ。


ポプラファームサンタのヒゲこちらがそのサンタのヒゲ

もぎたての赤肉富良野メロンに新鮮なミルクを使ったソフトクリームをド~ンとのっけたデザートだ

ちなみに、サンタのヒゲに小豆をトッピングしたサンタのへそという商品も売っている。

見た目のインパクトが強烈なのでマスメディアにも度々登場するサンタのヒゲだが、食べてみると予想通りの味というか、あまり違和感なくいただくことができるのだ。

ただ、甘いソフトクリームを載せるのであえてそうしているのかもしれないが、もぎたてのメロンは完熟食べ頃のメロンと比べるとまだ固めで甘味も少ないことから、富良野メロンと北海道ソフトクリームの本当の美味しさを体験しようと思うのなら、メロンとソフトクリームは別々に買って食べた方が正解かもしれないな。


ラベンダーの里で富良野らしくてプチリッチなデザートを味わえるポプラファーム、インパクトは大なので旅の土産話には最適なお店なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

ガラス王国のくつろぎカフェ☆北一ホール

北市ホール玄関 北一ホール店舗
小樽運河の観光名所の代表格といえば北一硝子、その三号館にあるカフェ北一ホールにやって来たのであ~る。

明治時代に石油ランプの製造から商売を始めた北一硝子は、その後ニシン漁のブイ製造で業績を伸ばし、小樽運河の観光開発に合わせて照明器具や食器等の硝子工芸品を手掛けたことにより飛躍的に知名度が上がったことは皆さんもご存知だろう。


北一ホールスタンド 北一ホールフットランプ
堺町にあるここ三号館でも、照明器具・食器・アクセサリー等々様々なガラス製品が並んでおり、それらを眺めているだけでも気持ちが落ち着いてくるような気がするのだ。

ステンドグラスを使用したスタンドやフットライト(写真)、光にかざすと宝石のようなきらめきを見せるアクセサリー、夏にふさわしく涼しげな表情を持つグラスなど、時間を忘れて見入ってしまう作品も数多く並んでいるぞ。


北一ホール店内 北一ホールゆず氷
明治生まれの石蔵倉庫を改造した北一ホールは、内部が吹き抜けになっていて高い天井から吊り下げられた石油ランプのシャンデリアが幻想的な空間だ。

薄暗くてムードたっぷりのスポットにもかかわらず、カフェ自体はチケット制のセルフサービスシステムなので、お値段も手頃で気軽に利用できるぞ。

この日の小樽は真夏のような暑さだったのでゆず氷アイス付きを注文。

爽やかな酸味が利いたゆずアイスとゆずシロップをたっぷり使ったゆず皮入りかき氷は、疲れた身体をしゃきっとさせるには十分な威力があるのだ。


クラシックをBGMに歴史を感じさせる空間でくつろぐことができる北一ホール、運河観光で疲れたときにしばし休憩するにはぴったりのお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

クセになる油そば☆米風亭

米風亭店舗すすきの交差点から歩いてもすぐの距離、スガイボウルのある一角に店を構えるビアホール米風亭にやって来たのであ~る。

といっても、真っ昼間からビールを飲みに来たわけではなく、お昼ご飯に油そばをいただくために立ち寄ったのだ。

西部劇に出てきそうなアメリカンオールデイズな店内で美味しいビールを味わえることで知られている米風亭であるが、汁なしラーメンとも呼ばれる油そばの名店としても有名だぞ。


米風亭油そば 米風亭スープ餃子
こちらが人気の油そばで、この日はスープ餃子もセットで注文だ。

若かりし頃のオーナーが東京の珍々軒で食べた油そばをリスペクトして開発したとされる米風亭の油そばは、西山製麺の中細麺に秘伝のタレが絡む一品

油そばというくらいなのでもちろん油っぽさはあるわけだが、ギトギトした感じではなくカルボナーラのような口当たりで、ネーミングや見かけで感じる印象ほどくどさは感じられない。

独自配合のタレとハムやしなちくをかき混ぜながら食べ進めると、まろやかな食べ心地にスイスイと胃袋に収まっていくが、もたれるという感覚は感じないのだ。

そもそも油っぽい料理が苦手という方なら、酢を適度にふりかけてからいただくとまた違った風味になるので良いかもしれないぞ。

スープ餃子はちょっぴり辛口のスパイシーな味わいで、油そばと一緒に食べるにはなかなかベターな組み合わせだ。


ビアホールでいただく油そばが美味しい米風亭、ビールの後の〆の油そばはさらに美味しさが倍増なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

住宅街の激うまパン屋さん☆ベッカライコルプ

ベッカライコルプ店舗真駒内は曙町の住宅街にあるパン屋さん、ベッカライコルプにやって来たのであ~る。

迷路のように入り組んだ文教地区の住宅街に建つ店舗は、うっかりすると通り過ぎてしまうような可愛いけれどこじんまりしたお店なのだ。

ただし、ドイツパンを中心にヨーロッパのお食事パンを提供し続けて13年になるというベッカライコルプは、札幌のパン好きなら知らない人はいないというほどの人気店で、南区の中でも1、2を争う美味しさだと言われているぞ。

本日いただいたパンはこちらの3種類。

ベッカライコルプアップルプルンダー ベッカライコルプカスタードホーン ベッカライコルプベーコンチーズクッペ
アップルプルンダー(写真左)はプルプルという響きに誘われて買ったのだが、パリパリサクサクの生地の食感がなかなかで、中に入っているりんごとカスタードクリームの種類の違う甘さのコラボも絶妙なことから、これはパン好きでスイーツ好きという方ならひと口で虜になる美味しさだ。

カスタードホーン(写真中)はパイ生地の中にカスタードクリームがたっぷりと詰められた一品で、ありがちといえばありがちなパンなのだが、しっかりとしていながらお口の中で崩れていくような食感のパイ生地と、カスタードクリームとの組み合わせがクセになりそう

やっぱりベッカライコルプのカスタードクリームは甘さ控えめで美味しいと気付かされるぞ。

ベーコンチーズクッペ(写真右)は太めのフランスパンの中にベーコンとチーズがたっぷりと入ったハード系お食事パン。

そもそもベッカライコルプはハード系パンが美味しいことで有名なお店なので、もちろんこのベーコンチーズクッペも塩味の利いたカリカリもちもちの生地とチーズ&ベーコンのコンビを美味しくいただくことができるのだ。


ハード系パンもデニッシュ系パンも食べるたびに納得のベッカライコルプ、小さなお店ながら絶大な人気を誇るヨーロッパパンの味わいは一度経験してみる価値ありだぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

牛タン麦とろベストマッチ☆北福仁

北福仁入口中央区のオフィス街のビル地下にある牛タン専門店北福仁へやって来たのであ~る。

南1条の電車通りを行くと東急ハンズのやや西側に位置するフクダビルの地下にある北福仁は、カウンターと小上がりで30席ちょっとの小さくまとまったお店だぞ。

牛タンと麦とろという組み合わせは誰が考えたか知らないが時々無性に食べたくなるメニューなのだが、札幌にはこの組み合わせを提供しているお店は意外なほど少ないのだ。


北福仁麦とろご飯 北福仁牛タン 北福仁テールスープ
こちらはランチタイムの牛タン定食

麦ご飯に炭火焼の牛タンとテールスープがついてナント1,000円ちょうど、とろろをつけても+200円という納得のお値段だ。

+700円でお肉が一段とやわらかい上定食も頼めるが、並でも十分美味しい牛タンが堪能できるから心配はご無用だ。

遠赤外線でしっかりと焼かれた牛タンは歯ごたえもお肉の旨味もバッチリで、焼き立て熱々の牛タンを味わえるように二回に分けてお肉が出されるのもうれしい。

二分八分のヘルシー麦ご飯に粘り気のちょうど良いとろろが良く馴染み、牛タンと交互に頬張ると夢見心地の美味しさだ。

お肉の横に添えられている山形直送の青菜漬けとみそ南蛮も侮りがたい美味しさで、麦とろご飯と牛タンの合間に絶妙なアクセントを入れている。

鉄分をたっぷり含んだ牛のテールをじっくり煮込んだテールスープは、塩だけのシンプルな味付けがかえってお肉の旨味成分を引き出しており、たっぷりと入ったテールとともに満足度を一段と高めているぞ。


札幌では数少ない牛タン&麦とろの名店北福仁、ヘルシーかつちょっぴりリッチな気分が味わえるお店なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

ニセコの手作りソーセージ☆エフエフ

エフエフ店舗 エフエフ店内
ニセコ町にある手作りハム・ソーセージの店エフエフにやって来たのであ~る。

豊かな自然に囲まれたニセコアンヌプリの麓にあるエフエフは、本場ドイツの味を忠実に再現したハムやソーセージが人気のお店だ。

ニセコアンヌプリスキー場の麓に広がるペンション街に見事なまでに馴染んでいる可愛い店舗には、観光客の方々はもちろんのことペンションの皆さんや別荘ご利用のセレブな方々まで、様々なお客さんがハンドメイドのハム・ソーセージを求めてやって来ているぞ。


エフエフ焼きソーセージ3種盛り合わせ1 エフエフ焼きソーセージ3種盛り合わせ2
こちらは人気のソーセージを熱々の状態でいただける焼きソーセージ3種盛り合わせ

エフエフはショップ兼レストランとしてランチスペースも設けているので、ニセコ周遊の途中に立ち寄って本場の味を気軽に味わうことができるのだ。

3種のソーセージとはチョリソーブラートブルストフライッシュケーゼ

チョリソーは言わずと知れたピリッと辛口の粗挽きソーセージで、ひと口噛み締めるたびにジューシーな肉汁がプチプチとはじけてお口の中に広がってくる。

ブラートブルスト羊腸に詰めた生のままのソーセージを直火で焼き上げて脂を落とした一品で、カリッした歯ごたえが爽快だ。

豚ねり肉を型に入れてオーブンで焼き上げたというフライッシュケーゼは、まろやかな口あたりと香ばしい匂いがうれしい一品で、他の2品とはまたまったく違う味わいでおもしろい。


風光明媚なニセコの山並みの中で本場のソーセージを味わえるエフエフ、ドライブ途中のくつろぎランチにはちょうどよいお店なのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

業務多忙のためコメントへのご返答が週末になりますことをお許しください。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

南円山の住宅街スイーツ☆ズコット

ズコット店舗南円山の閑静な住宅街にお店を構えるズコットにやって来たのであ~る。

地下鉄円山公園駅からテクテクと散歩気分で歩いていると、マンションや一軒家が立ち並ぶ区画の中に突如現れるおしゃれな店舗がズコットだ。

前面がガラス張りで明るい陽射しが差し込む店舗には、見るだけでウキウキしてしまいそうなスイーツやパンがたくさん並んでいるぞ。


ズコット紅玉りんごのパイ ズコットミルクショコラとピスタチオのムース ズコットフレッシュフルーツ6種のタルト
ズコットに来たなら忘れちゃいけないのが1日60㎝限定紅玉りんごのパイ(写真左)。

ショーケースの上にドカンと置かれたアップルパイは存在感抜群の人気商品で、1㎝あたり105円で好みの長さで買うことができる。

厚めのパイ生地に濃い飴色をしながらも甘さは控えめの重厚感のあるりんごがよくマッチして、アップルパイを食べているという気分に心から浸れる一品だ。

ミルクショコラとピスタチオのムース(写真中)は木苺の適度な酸味とベルギー産ミルクチョコレートのコクのある甘味がうれしい一品

冷んやりなめらかな口あたりとお口の中でとろけるような食感に加えて、ピスタチオの香りまでが追い打ちをかけてきて、これはもうノックアウト寸前の美味しさだぞ。

フレッシュフルーツ6種のタルト(写真右)は名前の通り6種類の新鮮なフルーツを贅沢に載せたタルト。

サクサクのタルト生地に爽やかな甘さのカスタードクリームと季節のフルーツを盛り付けた一品は、カスタードの甘味とフルーツの味わいの見事なコラボにより、思ったよりもさっぱりとしてスッキリした後味がお口に残るのだ。


北円山からここ南円山に工房を移してスイーツにもますます磨きがかかるズコット、円山散策途中のお土産探しにはぴったりのお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

豪雪うどん☆第一会館クロワッサン

第一会館店舗倶知安町にあるホテル第一会館のレストランクロワッサンにやって来たのであ~る。

JR倶知安駅から徒歩5分という町の中にあるホテルの1Fに陣取るクロワッサンは、お昼時になると倶知安名物のうどんを目当てにやって来るお客さんたちでいつも繁盛しているのだ。

ということで、雪深い倶知安町の名物らしくその名も豪雪うどんと名付けられているうどんのご紹介なのだ。


第一会館豪雪うどん1 第一会館豪雪うどん2
こちらは天ぷらささめうどん

クロワッサンではメニューに豪雪うどんという商品があるわけではなく、使われているうどんがすべて豪雪うどんなのだ。

地元産の男爵いも95%、小麦粉5%という配合に羊蹄山の清らかな水を使った作られた豪雪うどんは、地元の農家で昔から食べられていた男爵いもから作るでんぷんうどんがルーツと言われている。

男爵いものでんぷん質と冷たくきれいな羊蹄山の水により、豪雪うどんは雪のように白く透き通っており、プリプリとした食感とコシの強さが感じられるぞ。

ささめうどんとは冷たいうどん用に細く作られた豪雪うどんであるが、透き通るような白い色はそのままに、冷麺のようなツルツル感も感じられて爽やかな味わいだ。


倶知安名物豪雪うどんが堪能できる第一会館クロワッサン、男爵いもからできる雪のように白いうどんは一度食べてみて損はないのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

まるごとたまねぎいっちゃって☆Voyage

Voyage店舗地下鉄北24条駅の近くにあるスープカレーの店Voyageにやって来たのであ~る。

以前ご紹介したことがあるピカンティと姉妹店になるVoyageは、当然のことながらピカンティに勝るとも劣らない人気店だぞ。

学生からサラリーマンに至るまで次から次へとやって来るお客さんたちは、みんなVoyageの無国籍創作カレーの虜になってしまっているのだ。


Voyageまるごとたまねぎ1 Voyageまるごとたまねぎ2
この日の注文はたまねぎまるごといっちゃって

名前の通り玉ねぎが丸ごとドカンと入っていて、血液サラサラ効果は抜群と思われる一品だぞ。

スープはあっさり系の続・新曼荼羅で中辛にあたる辛さ2を選択、たまねぎまるごといっちゃってにはお肉が入っていないことから、トッピングにはカリカリポークを追加なのだ。

う~ん、いつ食べてもあっさりとした中に深いコクが感じられるスープと、具材の良さを見事に引き出した調理方法には感心させられる。

Voyageにはこの他にもまるトマサラダベーコンwithキャベツなど、具材を丸ごと投入したメニューがあるのだが、どれもがそれぞれに味のある一品となっており魅力を感じるものばかりだ。


札幌を代表するスープカレーの名店のひとつVoyage、ベーシックなメニューも個性的なメニューもどれも食べてみたくなる美味しさなのだ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

積丹岬で大漁丼☆中村屋

中村屋店舗 島武意海岸
昨日に続いて日本海の眺めが素晴らしい積丹半島から、漁師直営食堂中村屋にやって来たのであ~る。

国道229号線で野塚から積丹岬へ向かう途中の日司という町にある中村屋は、積丹町で4軒しかないエビ捕り漁師さんたちが番屋を改造して始めたお店だぞ。

番屋そのままの外観を残した店舗は、中に入っても番屋の風情が残された雰囲気のあるお店になっている。

目の前には弁天岩、ほんの少し車を走らせると日本の渚百選にも選ばれた島武意海岸(写真右)も見物することができるのだ。


中村屋大漁丼1 中村屋大漁丼2
さて、中村屋の看板メニューといえばこちらの大漁丼

うに丼や刺身定食など新鮮な海産物を使った豊富なメニューが揃っている中村屋であるが、積丹の海の幸をまとめて味わいたいと思ったらこの大漁丼が一番だ。

一日限定30食の大漁丼は、見てのとおり積丹の前浜で取れた海の幸が丼にてんこ盛りになっており、本州からの観光客の方々はその姿を見ただけで驚きの声をあげている。

ウニ、エビ、タコ、カニ、イクラ、サーモン、ホタテなど、これでもかというほどのネタが所狭しと盛り付けられている様は、まさに大漁という名前にふさわしい丼なのだ。

味はもちろん言うことなしの活きの良さで、これだけのボリュームがありながら次から次へと胃袋の中に収まっていくぞ。


積丹半島で美味しい海の幸が満喫できる漁師直営食堂中村屋、積丹観光の途中で立ち寄るにはちょうどよいお店だぞ!


皆さんのポチポチが元気の源です⇒⇒⇒  人気ブログランキングバナー

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

自己紹介

スマイリーパパ

Author:スマイリーパパ
北海道札幌市在住
酒好き、甘味好きの40代!
北海道が一番だべや!

********************** ↓今日の順位は何位かな? 人気ブログランキングバナー大

いらっしゃいませ!

Flashカレンダー

最近の記事

ブログ内検索

コメントありがとう!

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

トラックバック大歓迎!

月別アーカイブ

RSSフィード

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。